片隅の町の幸せ

それは、あなたの小さな幸せ

許す対象は、あなた自身

相手を許せないなんて当たり前 あなたはいつも、何を考えていますか?明るい未来ですか?お世話になった人の顔ですか?楽しかった過去でしょうか? それとも・・・ 将来への不安・・・いじめられた相手、パワハラされた上司や先生、つらい思いでしかない過去…

静かなあなたは偉大な人

誰にも気づかれなくていい 毎日、職場に行って、仕事をして、帰宅する。 毎日、同じ道を歩く、同じ電車に乗る、同じ道を帰る。 こんな退屈な毎日、同じ繰り返し、何のために生きてるんだ。 わびしい。 誰か私を見てほしい・・・ そんなあなたは、あなたの方…

欲望は大切にしたらいい。でも・・・

欲望とは 欲望とは、あなたの成長のために、神様が与えてくださったものです。 欲望がなければ、人とは何なのでしょう。 ただ空気を吸って、食べ物を摂取して、排泄する・・・ それだけの生物になってしまうのではないでしょうか。 あなたは、あなたの夢、希…

今のあなたは、地味に輝いている

地味に生き残れ たとえばあなたが、不景気でリストラになり、そして再就職することになりました。ハローワークが選んでくれたのは、前職とそれなりに関係がある業界の仕事です。 比較的歴史が浅いその会社では、若い世代が多く働いています。 先輩ですが自分…

あなたの願いは必ず叶う

あなたは強力な力の持ち主 この世の中、夢も希望もない、なんて思っている人が多いのではないでしょうか? そう思っている人は、その人が持っている強力な力で、夢を叶えています。 「夢も希望もない」生き方という夢を、見事に叶えているんです。 強力な力…

あなたとはなんですか?

あなたの一番大切な人は誰ですか? ご両親ですか?奥さん?子供? それとも家族以外ではないですか、意外に。 先生?先輩?上司? 肝心な人を、忘れてやいませんか? それは、あなた自身です。 あなたとは何ですか? あなたはあなたを、国の重要特定記念物の…

あなたは運がいい

出会いは奇跡 一人の人間と一人の人間が出会う確率に、こんな例えがあります。「プール」に「懐中時計」を分解したパーツを投げて、かき混ぜます。そして波の力だけで、時間をかけて元通りに戻る確率が、「出会う」確率と同じというものです。つまり、人と人…

直感で自分の居場所を創る

情報はもういらない 昔はよく、テレビを垂れ流ししていました。 家に帰ると、観るつもりもないのに、とりあえずテレビをつけていました。 そんな習慣、誰にでもあるのではないでしょうか? 朝起きると、とりあえずテレビをつける。 観てるわけじゃないけど、…

未来のあなたを見続ける

意志の力 よくよく冷静に考えてみると、今現在の「自分」って、過去に見ていた「未来の自分」ではないでしょうか? 私はそう思います。 意志の力とは、それだけ強いと思うのです。 意志は、明るい希望を叶えるだけじゃありませんから。 うだつの上がらない未…

穏やかで明るい配信をしたいです。

暗い闇から出ませんか? はてなダイアリーから始まって、このブログはもう12年になります。 といっても、放置していた期間も長かったですけど。 色々ありましたね。 国レベル、世界レベルの大災害。 疫病のパンデミックなどもありました。 人はどうでしょう…

なつかしいひと 作:宮下奈都

こんにちは。 今週のラジオ文芸館は、 宮下奈都作、「なつかしいひと」でした。 主人公は、母を亡くした中学生、園田太一。太一の家族は、母がいなくなった辛さに耐えられず、母の実家に住まわせてもらうことになった。慣れない土地で学校になじめず、悲しみ…

家族写真 作:松井玲奈

こんにちは。 今週のラジオ文芸館は、 松井玲奈作、「家族写真でした」 主人公は、小学6年生・11歳の女の子「アイ」。父親は単身赴任、母親は仕事で夜遅くまで働いている。両親を困らせたくない、でも、まだ甘えたいと揺れ動く気持ち。そんな「アイ」のア…

地味で退屈なあなたが愛おしい

地味で目立たないあなたへ 「ウェ-イ!」 あなたは飲み会が好きですか?もしそうなら、今からのお話しはあなたには関係ない話だと思います。 私は、独りで集団になじめないような人に話しかけたいのです。 目立たず、ひっそりと、独りでいるあなたは、美し…

今日の言葉にありがとう(4/15木)

●はてなブログからのメール。 「1年前のブログ「スケベ復活」などを振り返りませんか?」 ありがとう。 www.katasuminomachi.com ●「BIG ISSUE」路上販売員のメッセージ。 「今の仕事が凄く好きです。一日中立っていて足も痛いし、生活は厳しいですし、数時…

竹を切る 作:伊藤桂一

こんにちは。 今週のラジオ文芸館は、 伊藤桂一作「竹を切る」でした。 備中の小藩で父の手伝いをしている22歳の若者、桑坂伴内は、地元に生える竹を使った「うちわ」づくりに励んでいた。そのうちわは、工芸品と言ってもいいほど精緻なもので、収入は懇意…

姥捨(うばすて) 作:太宰治

こんにちは。 今週のラジオ文芸館は、 太宰治作、「姥捨(うばすて)」でした。 不倫した妻「かず枝」と、妻をそのような行為にまで追いやるほど日常の生活を荒廃させてしまった夫「嘉七」は、お互い身の結末を死ぬことによってつけようと、かつて2人でひと…

今日の言葉にありがとう(4/3土)

●お客様 久しぶりに来た。ニット帽の下は、髪の毛がなかった。どうも、抗がん剤治療をしている(した?)ようだ。詳しくは聞かなかったが。 「こんなご時世だから、仙人のような暮らしをしてます。どこにもいかずに」 ありがとう。

さるの湯 作・高橋克彦

こんにちは、今週のラジオ文芸館は、高橋克彦作「さるの湯」でした。 なにげなくふるさとの海沿いの被災地を訪れた主人公。彼が撮った写真には、震災で亡くなった人たちが写りこんでいた。生き残った人たちにとって大切な人たちが、そこにいた。しかしなぜ自…

今日の言葉にありがとう(3/29月)

●お客様 「桜が綺麗に咲いていますねえ」 ありがとう。 ダイレクト出版

雪の降る町、春に散る花

今週のラジオ文芸館は、 「雪の降る町、春に散る花」作:豊島ミホ でした。 雪の降る町に住む高校3年の加代子は、春から東京の大学に進学する。田舎を離れ、付き合っている佐々木くんとも離ればなれになることが決まった 3月。上京するまで、佐々木くんと…

今日の言葉にありがとう(3/18木)

●温泉が好きなお客様、 「篠山の南部にある温泉に、月に一回は日帰りで行きます」 ありがとう。

無用の人

こんにちは。今週のラジオ文芸館は、 原田マハ作「無用の人」でした。 美術館の学芸人、羽島聡美の50歳の誕生日に、癌で亡くなった父親が生前に出したであろう小さな宅配便が送られてくる。それは見知らぬ住所が書かれたアパートのカギだった。後日、そのア…

嫉妬という常識

春・・・ 新しいことを始める時期、または始めたくなる時期ですね。 そしてこのような経験はありませんか? 新しいことを始めたことを誰かに話したら、なぜか気分を害された。または、誰かに新しいことを始めたことを話されたら、気分が悪くなった。 それは…

今日の言葉にありがとう(3/14月)

●春に中学三年生になる子供をもつお客様。 「大学まで行きたいつもりみたいなんですけどね、入りやすいところにいけばいいんちゃうって言ってるんですよ。無理して入ったところは、後でしんどくなるでしょう。できればお金がかからないところがいいけど・・…

今日の言葉にありがとう(3/8日)

●いかなごのくぎ煮作りが好きなお客様 「今年はひとパックが一万円もする。去年の何倍もするわ」 ありがとう。

今日の言葉にありがとう(3/6土)

●お客様、肩をまわしながら、 「スッキリしたー」 ありがとう。

今日の言葉にありがとう(3/4木)

●植木に水をやっていると、通りかかったおばあさん、 「きれいな花ですね」 ありがとう。

これからの時代を生きる君たちへ

イタリア・ミラノの校長先生からのメッセージ 「これから」の時代を生きる君たちへ 新品価格¥1,100から(2020/5/7 22:18時点) イタリアの校長先生が発したサイトが、書籍になったようです。その中で、一冊の本を推薦している。 小説「いいなづけ」著:マンゾ…

今日の言葉にありがとう(5/7木)

●緊急小口資金の相談を電話してみた。市町村が違うようだった。電話に出た人、 「該当する先の社会福祉協議会の電話を調べてみましょう」 ありがとう。

今日の言葉にありがとう(5/6水)

モーニングをしている喫茶店で。マスター。 「大阪もう少しっ!」 ありがとう。